マッチングアプリの開発で起業するために必要な資金

マッチングアプリの開発で起業するために必要な資金

マッチングアプリの開発に必要な資金ですが、もちろんこれはそのマッチングアプリの規模とか仕様などに左右される点も大きいです。
そのため簡単に数字を挙げるようなことは非常に難しいのですが、確実に言えることがあるとすれば一般的に新しく会社を立ち上げたり事業を興したりすることと比較すれば、おそらく一桁は少ない金額で済むだろうということでしょう。
会社を新しく興したりするためには、これも当然ながら規模とか事業内容などによって千差万別ではあるものの、少なく見ても数百万円レベル、できれば一千万円単位のお金を用意しておくことが求められるケースがほとんどです。
ところがマッチングアプリの開発を主体とする場合には、いくら多く見ても一千万円などというお金は必要ありませんし、百万円単位ですら不要かもしれません。
おそらく数十万円くらいの資金があれば平均的なアプリケーションは作成できると考えてもよく、明らかに少ない金額で済みます。

マッチングアプリの開発で起業をするなら資金調達が重要

マッチングアプリの開発には、資金が必要です。
個人で使うだけなら一人で作りリリースすることは可能ですが、それではビジネスとして成功する可能性は低いです。
お客さまの使い勝手が悪ければリリースしても使ってもらえませんし、利用者が少ないとアプリがさらに使われないという悪循環にも陥るでしょう。
たとえ優れたマッチングアプリでも、利用者を増やすためには宣伝をしなければいけません。
現在のマッチングアプリ市場は競争が激しく、さまざまなアプリが入り乱れている状況です。
競争が激しい市場では知名度を高めなければ手にとってもらうことができませんから、莫大な宣伝費用が必要になります。
他にも法律への対応、運営のノウハウなど必要な要素がいくつも必要になるので、起業をするなら資金調達をして余裕を持った状態で始める必要があります。
マッチングアプリを開発して新しいビジネスを始めるなら、資金調達の計画もしっかりと立てておきましょう。

著者:大谷芳郎

筆者プロフィール

福島県いわき市生まれ。
アプリ開発のセミナーに携わっていた経験を活かして、マッチングアプリ開発について解説しています。