マッチングアプリを使って新規ビジネスを立ち上げ!
起業をする際のポイントを解説!

自分で新しいビジネスを立ち上げたいと思っても、具体的にどうすれば事業が成り立っていくのかと悩む方は多くいるでしょう。
本当に上手くいくのかといった不安も大きいはずです。
また、個人で立ち上げられる事業内容は自由であるため非常に悩みどことであると思います。
そこで今回の記事では、マッチングアプリを使った起業の方法やその際に知っておくべに重要なポイントについて徹底解説していきます。
これから事業を開始したいと考えている方はぜひ参考にして下さい。

マッチングアプリの開発は自社でやるべき?

ビジネスを成功させる手段のひとつにマッチングアプリというものがあります。
このアプリの需要は高いため、アプリ開発に注目が集まっています。
マッチングアプリの仕組みはさまざまですが、アプリ開発にかかる費用やノウハウを考慮したうえで、自社で開発する場合と外注する場合のメリットとデメリットを吟味することが重要です。
これは、どのようなビジネスモデルでどのような顧客がターゲットかによっても大きく変わってきますので、アプリ開発を実践している企業を参考にするなど、事前の準備はしっかりと行いましょう。

マッチングアプリの開発は実績豊富な専門会社に外注がベスト

これからマッチングアプリの開発をしようと考えている企業があるはずです。
若い世代のユーザーを中心にマッチングアプリのニーズが高まっているの、正しい選択だと評価できます。
ただ、開発は専門会社に外注することをおすすめします。
専門的なスキルやノウハウを持っていないと、クオリティの高いアプリを作ることができません。
外注する専門会社を比較する際は、技術力の高さに加えて実績豊富であることも重視するべきです。
実績豊富であるということは、それだけ様々な仕事をしている証拠ですし、多くの顧客から依頼されていることを意味します。
どの会社に依頼しても同じに感じるかもしれませんが、それは間違った認識です。
多くの人に使ってもらえるマッチングアプリにするためには、優れた会社に依頼する必要があります。
費用の安さだけで決めてしまうところがありますが、それだけで決めてしまうと後悔する結果になる可能性が高いです。
何のために依頼するのかを考えるべきです。

マッチングアプリを開発して始める新規サービス

マッチングアプリというと、男女間の出会いをサポートするサービスと理解する人が多く、確かにこれは間違ってはいないものの、それだけでは世の中の新規の動きを十分に把握しているとは言えません。
マッチングアプリの本質と、世の中の動きとを併せてよく考えてみれば、決して男女の交際とか結婚などを目指すものに限らず、とにかく何らかの需要と供給とをインターネットを介して繋げるものだということもできます。
そして、実際にそのような仕組みが次々と新しく開発されている現状があります。
例えば自分は何かのスキルを持っていてそれを提供しても良いと考えているけれども、どんな人に需要があるのか分からないので特に何も踏み出してはいないというケースは数多くあります。
最近話題になった民泊もそのようなものの一つで、自宅を宿泊施設として貸し出しても良いと考える人と、従来のホテルではなく民家に泊まりたいと考える人がおり、それを繋げることで新しいサービスを生むことになります。

マッチングアプリの開発に必要な費用の相場

マッチングアプリの開発費は様々な要因で変動しますが、どれだけシンプルなアプリでも400万円以上はかかります。
また、マッチングアプリの開発費は、どのような機能をどれだけ搭載するのかによって大きく変わります。
例えば、新規会員登録機能には30~50万円、ログイン・ログアウト機能には30~50万円、申込機能には10~30万円、メッセージ機能には30~100万円、お気に入り機能には10~30万円ほどかかるのが一般的です。
加えて、運営者管理画面は10~100万円、ユーザー管理機能は20~50万円、受発注確認機能は30~50万円ほどが相場です。
マッチングアプリには、これら以外にも様々な機能が必要になるケースも多いので、1,000万円以上のコストがかかるケースも少なくありません。
さらに、どの程度の金額になるのかは依頼先によっても大きく変わるので、依頼先を選定する際は複数社に見積もりを依頼することが大切です。

参考になるマッチングアプリ開発の起業セミナー

マッチングアプリ開発のセミナーも開催されており、独立したいと考えている人などに人気があります。
マッチングアプリと聞くと、男女間の出会いとか交際などをサポートするためのものと考えがちで、もちろんそれは間違っているわけではないものの、それだけでは視野が狭いということができます。
セミナーでは実際にアプリケーションをどのようにして開発するかの技術的な側面も扱われますが、率直に言えばそれは二の次というか場合によっては外注することも可能であり事の本質ではありません。
より大事なことは、マッチングアプリとは突き詰めると、世の中で何か需要のあるものと提供したいと考えている人とを結びつけるサービスだということです。
そして、これからの時代を考えた場合に、どのようなものに需要と供給が大きいのか、それらを結びつける仕組みが今まで希薄で、アプリを作ることによりそのニーズを満たすことができるのかを試行錯誤することが大事になります。

著者:大谷芳郎

筆者プロフィール

福島県いわき市生まれ。
アプリ開発のセミナーに携わっていた経験を活かして、マッチングアプリ開発について解説しています。
マッチングアプリ開発の流れ